発電量計算

小型風力発電機(家庭用)の発電量の掲載方法を実際の地域を例に算出してみました。

小型風力発電機(家庭用)の発電量計算

一般家庭用の風力発電機を利用しようとしている方向けに、
風力発電機のおおまかな発電量の計算方法と地域例を紹介したいと思います。

■大まかな発電量計算

定格風速:12.5m/s,定格出力:300Wの風力発電機の場合

発電量グラフ

発電量は設置した地域の平均風速の出力(W)に24時間を掛けると、1日の発電量が算出されます。

■ 例えば、平均風速3m/sの地域の場合

風速3m/sはグラフ上、約25Wの出力です。
その出力25Wに24時間を掛けると、1日の発電量600Whとなります。
では、1ヶ月の場合は600W×30日=18,000Whになります。
この計算はかなりおおまなです。
なぜなら、強い風(10m/s)が1日続いた場合、300W×24時間=7,200Whとなり、上記の1ヶ月の発電量の3分の1以上を1日で発電できることになるからです。
できれば、風力発電機の発電量は、設置地域の細かい風速データで算出ししましょう。

▽ GOOGLE ▽

▽ 風力発電 ▽
YAHOO知恵袋

▽ 風力発電 ▽
メニュー

▽ 風力発電 ▽
メーカー一覧